2013 年 10 月 25 日

【やまぴーレシピ】part.27 ラピュタみたいな・・・

こんにちわ

パティシエ技術専攻科の担任をしております 結石持ちの山口です

石、まだ出ていません・・・

怖いです・・・

恐怖です・・・

 

 

今週の農園ですが・・・e38397e383bce38195e38293_m2
すくすく伸びております。



↑ネギっぽい気もするのですが・・・にんにくの芽?謎です・・・

 

 

土に還したはずのフノイユが、生き返ってきてますね・・・



さすが、西洋植物・・・生命力が半端じゃないですね・・・ふなっしー*フナッシー*ご当地キャラ*ゆるキャラ のデコメ絵文字

 

 

ネギ?の隣にも、綺麗に並んで芽が出てきています。



 

 

自分が植えたセルフィーユ・・・・



結局、雑草しか生えてこないんですけど!

 

 

地球はまわる~

君をのせて~

いつかきっと出会う~

ぼくらをのせて~・・・



ラピュタは、地球を越えて宇宙まで・・・みたいに飛んで行きそうな感じで根っこごと引っこ抜かれていますが・・・

バジルが引っこ抜かれた残骸。。

ラピュタは、天へと還っていきましたが、バジルは、地球へと還るようです・・・

 

 

今週の授業をお伝えしていきますが、今回和菓子の授業で1、2位を争うくらい人気の練り切りです。

練りきりの前に一品を。



 

 

 

つぶあんを中心にその周りに色をつけた白あんをつけます。



 

 

 

全面につけると、金団あんのできあがり!



 

 

 

練り切りは、白あんと、繋ぎで求肥を入れて手鍋で水分を飛ばし炊き上げます。



 

 

 

今回は、練習ということで、あんを包んでいませんが、梅の花に。



 

 

 

もみじ。



お笑いネタのもみじ饅頭じゃありませんよ。

 

 

菊の花。



この練り切りをやる度に和菓子ってシンプルだけど日本の伝統菓子なんだなって実感させられます。

 

 

余った求肥も、きなこと、黒蜜をかけておいしく頂きました



 

ではでは、また来週~