2010 年 11 月 8 日

Coupe”JIKEI”代表選手、作品紹介☆

先日に引き続き、
食の7校合同のコンテスト
Coupe”JIKEI”について、今回は当日参加された選手と作品をお伝えしますo0020002010739302746

コンテストのテーマ「PAYS-国-」にあわせて

アントルメ(オリジナルのケーキ)
ピエスモンテ(飴) を作ります

福岡キャリナリー製菓調理専門学校

テーマ<日本>


1103-35711103-3551

○選手○

1103-2811103-304

(左)竹本さん(右)小林さん

特産のかぼす、椿、めじろなど日本独自のもの取り入れた作品です

東京ベルエポック製菓調理専門学校

テーマ<日本>

1103-3821103-385

○選手○

11022-1211103-187

(左)今野さん(右)川口さん

ゆずを使用したアントルメに、おとぎ話の鶴の恩返しを飴細工で表現した作品です

神戸製菓専門学校

テーマ<イギリス>

1103-3911103-393

○選手○

1103-2201103-322

(左)岡添さん(右)牛尾さん

100年前に起きたタイタニック号の沈没を、アントルメで船の華麗さ、

ピエスモンテで当時の海水の冷たさを表現した作品です

埼玉ベルエポック製菓専門学校

テーマ<イタリア>

1103-3971103-396

○選手○

1103-2351103-123

(左)増田さん(右)松本さん

イタリア最大の州であるシチリアをイメージした作品で、島の特産を使用したアントルメと
太陽をイメージした活発なピエスモンテです

東京ベルエポック製菓調理専門学校

テーマ<南アフリカ>

1103-4291103-425

○選手○

1103-2161103-165

(左)近藤さん(右)相原さん

南アフリカの溢れるエネルギーをアントルメではチョコレートで大地を、

ピエスモンテでは躍動感のあるコブラや戦士表現した作品です

札幌ベルエポック製菓調理専門学校

テーマ<日本>

1103-4411103-442

○選手○

1103-2411103-294

(左)田中さん(右)島田さん

アントルメの緑は新緑の大地と、白は厳しい寒さをイメージし、

ピエスモンテでは咲いている間花びらを落とさないアジサイを用いて絆をあらわしています

名古屋コミュニケーションアート専門学校

テーマ<日本>

1103-4721103-473

○選手○

1103-2041103-169

(左)佐々さん(右)伊藤さん

日本のお茶を使用したアントルメでは庭園をイメージ、

ピエスモンテでは風情ある秋の彩を表現した作品です

キャリナリー製菓調理大阪校



テーマ<イタリア>

1103-4771103-478

○選手○

11022-1161103-118

(左)水津さん(右)前川さん

別名「レモン島」と呼ばれるカプリ島をイメージしたすっきりとした味わいのアントルメ、

憧れのパティシエの華やかさを表現したピエスモンテです

 

いかがでしょうか?
全選手ともに真剣に2日間で今までの努力を発揮していましたm_01501

しかし、そこはコンテストbikkuri
予期せぬトラブルで完璧とはいえない仕上がりになったチームもあり、
選手は悔し涙を流していました03deco-s-buta02

では順位発表はまた次でo0020002010645720543