ickach

2013 年 10 月 11 日

【やまぴーレシピ】part.25 

はーい。こんにちわ

パティシエ技術専攻科の担任をしております 山口です

今週は、ネタが少ないです。。

何故かというと、滋慶学園グループでのカウンセリング研修に行っていたため、カメラを回せなかったのです・・・。

カウンセリング研修って何?って、思われる方がほとんどだと思いますが、話すと長くなるので、話はしませんが、教職員として必要なカウンセリングマインドを学んできました。勉強の得意ではない自分には、難しい話がいっぱいでましたが、すごく内容の濃い二日間でありました。

あ、試験もあったんですよ。試験終了時間ギリギリでしたが・・・

そんなこともあり、今週はネタが少ないんです。

 
農園にて、ひょっこりでていた正体ですが・・・e38397e383bce38195e38293_m2


以前、伸ばし放題にしていた、フェンネルでした。。

原産国は、地中海沿岸とされていますので、生命力がすごく強い香味野菜の一つです。

土へ返したつもりが、土から生まれてきたという・・・ふなっしー並に元気ですね

 

 

 授業のほうですが、どうでしょうかね。

ハイ・・・今週は、全然撮れていません。。

ライシュウハ、ガンバリマス

 

入学して、半年経ちましたが、当初よりは格段に計量のスピードも上がり



 

手際もよくなってきています。



 

たまには、タコチュ~星人も出没します。



ハイ。謎ですね。

 

でも、やっぱりやるときは、やる!



真剣な顔はカッコイイネ

 

栗羊羹も、おいしそう・・・



先生が作ったものなので当然ですけども・・・

 

 

鹿の子(かのこ):求肥を芯にして、あんこで包み、その周りに鹿の子豆と呼ばれる形の整った豆の蜜漬けを外側に隙間なくつけて完成させます。整った粒が隙間なく並ぶさまが鹿の背の斑点を思わせることからつけられたと言われています。



 

来週は、もう少し学生の様子を伝えられればと思います。

では、また来週~