ickach

2013 年 10 月 14 日

【うっちーCheck】☆再進学で入学した学生しょうかーい☆

こんにちはーー(*・∀・)ノ

 

第27回うっちーCheck☆☆

 



 

 

 

今日のうっちーCheckは、パティシエ科のこのお二人を紹介!!



 

2-3の宮本さん(右)と野口さん(左)

 

このお二人は、高校卒業後、進路を変更してベルエポックへ入学してきてくれました

 

 

 

この日はカフェの授業



 

 

授業中にお邪魔して、ふたりに密着~(。・ω・)ノ

 

 

まずは宮本さん



 

宮本さんは高校生の頃、卒業後の進路は大学を選びました。

 

ただ、小さな頃からお菓子作りが好きで、パティシエの夢を諦められなかったんです。

 

そして大学2年生のときに、パティシエの道へ進むことを決意。

 

専門学校の資料を取り寄せ、その中から自分に合いそうだと感じたベルエポックのオープンキャンパスに参加しました。

 

そこで感じたベルエポックの明るさや、先生と生徒の距離の近さ。

 

授業が14:40に終わるので、放課後の時間を有効に使えるということも決め手のひとつでした。

 

 

でもやっぱり、高校卒業後そのまま入学する周りのみんなとうまくやっていけるかはちょっぴり不安・・

 

そんな不安もありながら入学しましたが、実際はそんな心配いりませんでした。

 

 

クラスのみんなも明るくて、楽しくて、良い仲間たち。

 

 

 

そして、ここで出会った宝である仲間の一人が、こちら野口さん



野口さんは高校卒業後、別の調理系専門学校に入学。

 

ただ、そうした生活を送る中で、本当に自分がやりたいことはここで学べるのか、という迷いが生まれました。

 

本当にやりたいことって、カフェやお菓子なんだ。

 

そう気づいた野口さん、もともと知っていたベルエポックに自分が学びたい内容ができる学科があることで、ベルエポックへの再進学を決めました。

 

もちろん不安や迷いはありました。

 

通学時間も遠くなるし、年齢も違うし・・

 

でも、今ベルエポックでこのクラスで学べて、後悔はまったくありません。

 

というよりも、本当にベルに入って良かった。

 

 

クラスの仲間たち



 



 

 

ふたりの将来は、宮本さんはパティスリー、野口さんは地元の新潟に戻って自分のお店を開くことが目標

 

 

ベルエポックでは、どの学科も再進学でベルエポックへ入学する学生がたくさんいます。

 

そんな学生たちが皆言うことは、

「決意してベルエポックに入って本当に良かった」

「年齢なんて関係なかった」

 

 

そうしてやりたいことを学んで、好きな道へ進んでいく学生の姿を見れることが

ベルの職員一同なにより嬉しいんです

 

 

 

ではでは、今回はこの辺で失礼します

 



 

こんな感じで、また学生ちゃんたちの紹介ができたらいいな~と考えてます(o’ω’o)