ickach

2013 年 10 月 22 日

【Tera’sキッチン】イタリア料理特別授業

こんにちは!

 

調理師科の寺岡です。 ボンジョル

 

本日の調理師科ブログは先日行われた特別授業の様子をお伝えします。

 

本日の授業の講師 野沢先生

 



野沢先生は「ICIF」というイタリアにあるイタリア料理の学校の先生を長年勤められている先生です。

 

東京ベルエポックで授業をしていただくためにイタリアからお越しくださいました。

 

ベルエポックの海外研修ではこの「ICIF」で研修することになります。

 

なので学生達も今日はわくわくして夜も眠れなかったんじゃないかと思われます。



 

しかも今日のアシスタントは学生にしてもらっています。

 

一組は加瀬さんと諸岡君

 



 

2組は片山さんにお願いしました。



 

先生との距離も近いのでドキドキしてしまいます。



 

最初の料理は鯛とズッキー二のリゾット

リゾットにはイタリア産のお米を使用しています。

イタリアのお米は水分が少ないのでリゾットにする場合は味がしみこみやすく美味しく食べることができます。

 



目の前で行われるデモンストレーションに学生達の目もキラキラ

完成! おいしそう。



 

試食!美味しそうに食べています。



 

先生達も勉強のため味見をさせてもらいました。味見です。



 

次に作っていただいたのは

「スパゲッティ アーリオオーリオペペロンチーノ 」



 

材料はニンニク、タカノツメ、オリーブオイル、パセリのみ。

シンプルなパスタだけに作り手の技術が必要な一品です。

 

試食!



コレは口に詰め込みすぎ。キレイに食べなさい

 

みんな食べるのに必死!



学生「勉強ですから!」

 

最後の料理はこちら

「豚ロース肉 白ワイン酢風味」



丸ごとの豚肉を紐で縛って鍋で時間をかけてじっくり焼いていきます。

牛乳と白ワイン酢で煮ます。

するとお酢の効力で牛乳が凝固してきました。

それをさらによく混ぜてソースの完成



 

豚肉も時間をかけて焼いたのでお肉がしっとりジューシーに仕上がりました。

 

あっというまに授業終了。

授業のあとは野沢先生にイタリアの事

職業人についてお話いただきました。

 

イタリア料理、文化にふれ、また一つ成長した調理師科の学生たちでした。

 

最後にみんなで記念撮影

 

1組



 

2組

 



 

野沢先生本当にありがとうございました。

 

おまけ

昨年の海外研修でお世話になった2年生本村さんが乱入



 

一緒に記念撮影してもらいました。

 

今週のTera’sキッチンでした。

 

チャーオ!