ickach

2013 年 11 月 5 日

【Tera’sキッチン】実験

ボンジョルノー!

 

調理師科の寺岡です。 コンニチハ 

いつもお土産ありがとうございます。



調理師科1年生加瀬さん 山梨旅行のお土産いただきました。

 

桃子さん。モモのゴーフルです。かわいいです。

ありがとー

 

本日のブログは

調理師科の座学の授業を紹介していきたいと思います。

 

いつも調理実習の授業風景ばかりですが、実習だけでは料理の事を深く学べません。

食品、衛生、栄養など、調理師にとって学ぶ事はたくさんあります。

 

1年生の食品衛生学の授業風景をのぞいて見ましょう



みんなスーツを着ているのは週に1回のスーツ登校の日。

就職活動に備えて、1年生の時からスーツを着こなせるよう担任授業で行っています。

 

本日の授業は卵の鮮度について、

 

皆さん新鮮な卵の見分け方は知っていますか?

 

それを解りやすく実験してみましょう

用意するもの

卵、塩、水です。



 

お水500ccに対してお塩50g入れます。



よく溶けたら

その中に卵を入れて見ましょう

「ほんとに入れますよ!いいんですか?」


 

 

するとー

 

「浮いたー!やったー!」



 

実は時間がたった卵は中の水分が蒸発して中に空気が入ります。

なので水に浮いてしまうのです

 

次の実験

 

卵を割ってみましょう

ぱかっと



 

鮮度によって中の卵の硬さが変わってくるのです。

実際に計って見ましょう

 

古くなると卵がひらべったくなります。



卵の直径と高さを測る事で鮮度が解るのです。



 

食材についての知識を学ぶことで実習もうまく行くことでしょう

 

調理師として身に着けなければならない知識を身につけまた一つ成長した1年生でした

 

そんな座学の授業風景でしたー。

 

そして今週はハロウィン

 



 

調理師科の学生達は実習室に残ってハロウィン用のお菓子を作ってました。



 

 勉強だけではなく楽しむことも大事です。

 

そんな調理師科の日常でした。

 

今週はこの辺でTera’sキッチンでしたー チャーオ