ickach

2013 年 11 月 21 日

【波乗りプリン 第32回】 まもなく卒業制作中間発表

こんにちはaloha2パティシエ科の、なんだかまだうっすら黒い永野です

まずは『先日の海』



めっちゃE~天気

寒くなると空気が澄んでくるので、水平線がクッキリ



この日はなかなか波も良かったんです、風が酷くなるまでは・・・・



強烈なオフショア(岸から海に吹く風)で、波頭の飛沫が強烈に顔を叩く

もう少し弱ければいい感じだったんですが、自然が相手だからしょうがない。

 

さて、今日はひさびさ2年生の行事について。

2年生は、ただいま卒業制作の中間発表に向けての準備に追われる日々

卒業制作とは・・・・コチラをご覧ください



与えられたテーマを基に、チームでマーケティング・リサーチを行い、その結果から「コンセプト(作品の概念)」を決定し、それを表現するアントルメとピエスモンテをチームで創作します・・・・



なんだか難しそうな話ですが、簡単に言えばチームに課せられた仕事をこなしていき、その上で起こる様々な問題を、チームで解決していく。



つまり、技術以外の面でも「仕事に必要な力」が身に付いたかを実践する、社会に出る前最後の力試し。



技術でも、今まで学び身につけた知識・技術を総動員し、ゼロから自分達で作品を創りあげていく。



そう、まさに2年間の学習の「集大成」



試行錯誤を繰り返しながら、試作を重ねていきます。



そうして創り上げた作品をプレゼンテーションをするのが卒業制作発表会。



永野の授業では、プレゼンテーションのチェックを2週に渡り行いました。



同じテーマでも、そこから立案したコンセプトは全チーム異なります。

他グループのプレゼン・作品には当然興味深深。



来週中間発表ですが、中間というのは言葉だけ。

自分達のベストの物を創作し、それをしっかりプレゼンできるよう、こちらも本気。



・・・・・えぇ、本気ですとも

 

日々過ごしていると、自分の成長って結構埋もれがちで見えない。

でも、思い出せばこの子達は1年8ヶ月前、全員が知識も技術もない「あまちゃん」だった。

当然、知識も技術もあの頃に比べれば格段に身に付いてる。

そして、きっとそれ以外の、社会人としての、職業人としての基礎力も身についてきた、ハズ。

時には挫折を味わい、厳しさに不安を覚え、道を変えようと考えた子も多い。

でも、そんな事はあっても全然不思議ではない。

いろんな相談を受けたり、アドバイスしたり、なぐさめたり、時には怒り厳しくしたり。

そうやってサポートしてきながら、この子達はいろんな問題に向き合い、乗り越えてきた。

あの頃に比べれば、確実に成長してる。

さぁ、最後は自分達の力でいろんな問題を乗り越えてみてごらん。

きっとできるから。

残り3ヶ月、楽しみに見ているよ。

 

さぁ、いよいよ明日は「一致団結!!東京ベルエポック 秋の大運動会」

これから道具の積み込みだ~

ということで今日はここまでまた来週