ickach

2013 年 12 月 20 日

【やまぴーレシピ】part.35 学内コンテスト②

こんにちわ

パティシエ技術専攻科の担任をしております 山口です

さすが、師走ですね・・・12月だなーと思ったら、すぐ年末年始の準備ですね。

 

学内コンテスト②の前に今週の授業にいきます。

パンの授業では、クリスマスならではのパン、シュトーレンです。

シュトーレンは、ドイツの菓子パンで、生地には、ドライフルーツやナッツ類が練りこまれており、表面には砂糖がまぶされています。ドイツなどでは、クリスマスを待つ間少しずつ切って食べる習慣があり、自分が居たスイスでもシュトーレンがあり、250gぐらいのものから、1kg、2kgぐらいの大きいものまでありました。

フルーツや、ローストしたナッツの香りが日ごとに生地に移っていく為、1日目、2日目・・・とクリスマスを待つ間に違う味を楽しむパンなんです。

 

実際の授業では、ドライフルーツ、ナッツを練りこんだ生地をめんぼうで伸ばし

 



 

 

好みの大きさまでになったら、半分に折りたたみます。



 

 

伸ばしすぎると浮かなかったり、割れたりする原因になるので、以外に繊細なパンでもあります。



 

 

焼き上がりに溶かしバターをたっぷりと染み込ませます。



 

 

荒熱が取れたところで、粉糖をかけてできあがりです。

 



3日くらいラップをして置いておくと、生地の中の水分や、フルーツ、ナッツの香りが全体に広がっておいしく食べられます。

 

 

 

 

 ではでは、先週の続きの学内コンテストです。

生地の状態、焼き上がりも審査の対象です。



 

 

先生の目もいつになく光っています。



 

 

生地が焼けたら、生クリームを絞っていきます。



 

 

クリームの状態、絞りのバランスも審査対象です。



 

 

全部同じように絞るのも練習なくしてできません。



 

 

シンプルであるが故に違いが出やすく難しいものでもあります。



 

 

最後に苺を飾って、お皿に並べれば終了です。



 

 

入学してから、今現在でどのくらいできるか確かめる場として、

コンテストを行いましたが、全員が制限時間以内に終わりました。



 

 

いよいよ3位からの発表ですが・・・

2,3位は、ほんの1点差で決まりました。

先生ともしっかり握手!



 

 

2位の人もしっかり握手!



 

 

1位の人は、もっと!しっかり握手!



 

 

入学してから、早9ヶ月経ちましたが、人それぞれ育ってきた環境、目標も違う中で、コンテストということで、順位はついてしまいましたが、それぞれに合った目標設定をして、乗り越えることに意義があり、成長に繋がります。



 

今年最後のブログ収めとなりましたが・・・

皆様、けがや病気などしないよう健康に気をつけてお過ごし下さい。

ではまた来年~